わたし生活 trick-or-trip

20代日々の生活について

北欧4か国一人旅 ~ノルウェー・ベルゲン① 移動到着編~

 ベルゲン1日目 この日はかなり濃い1日になり、長編になります。

 

デンマーク番外編でも綴ったようにイラつきながらホステルを後にした私。

コペンハーゲンの石畳の道を2週間旅行用の非常にでっかくて重いスーツケース(中身は半分しか入っていない)を引きづる。石畳の中にベビーカーの人用なのかちょっとしたタイルが貼ってあるが、基本的にガタンゴトンして引きずった。

コペンハーゲンへお出での方はできる限り軽いスーツケース若しくはリュックにしましょう。。

 

土曜朝のコペンハーゲンは飲み帰りのパーティーピーポーがのさばっている。道にはポイ捨てゴミがたくさん…。Kongens Nytorv駅に到着。メトロに乗って6時前頃カストラップ空港着。

SAS(スカンジナビア航空)の水色チェックイン端末機がたくさん並んでいます。どうやら預け荷物のタグを自分で発券しなくてはいけない模様。やり方分かんない~ww

適当に並んで前にいた人のやり方を凝視

 

順番が来た。チェックイン及び預け荷物手続き以下の手順通り行いました。

①とりあえず英語表記に切り替え、操作したい項目を選択。確かチェックインとかBagdrop等の項目があったと思います。リファレンス(=6桁の予約番号。航空券予約確認書等に記載されています。)を入力。搭乗チケットが発券機から出てきました。

あれ?預け荷物のタグ出てこないなぁ。

 

②発券が終わり、トップ画面に戻ったので今度は預かり荷物の項目を選択。

またリファレンスを入力し、確定。預け荷物に付けるシールが出てきました。※おそらく①の発券と同時に預け荷物の操作もできるはずですが、ビギナーな私は1つずつやることになりました。

 

③シールを貼って適当に近くのBagDropの列に入ろうとすると係員の人がいます。

発券した航空券を見せると「この便は〇番のところに行ってください」と言ってくれますので言われたとおりの番号のところに並びます。預けるのもセルフサービスなので、待っている間は前の人のやり方を凝視しておきましょう

 

④順番が来たら預け荷物を台に乗せます。目の前にタッチパネルがあるので、英語表記に切り替えます。預け荷物に貼ったシールにバーコードが出ているのでそれをスキャンします。これで預け作業完了です。

 

ぶっつけ本番でやったから、スーツケース無くなるかもなぁ。まぁ重いし引きづり歩くのうざいから無くなったら無くなったでいいけどな( ゚∀゚)アハハ

とか思いながら空港の奥の突き当りまでまっすぐ進みエスカレーターで上の階へ。

突き当りがある。勘で右に曲がると機内持ち込み手荷物検査場発見。

 

おじさんに「I will bording this flite.Can I come in here?」とか超絶中学英語且つ思いついた言葉を言ってチケット見せて列を指さして伝えると「大丈夫だよ~行って~」みたいな感じで言われたので、そのまま列に並び無事検査場突破

 

ゲート番号を確認し、時間があったのでゲート近くのベンチで持参のオレオ食べたり、お土産屋さんで適当にポストカードやマグネット等のコペンハーゲングッズを購入しました。

f:id:t083065:20160709155531j:plain

ベンチに1時間くらいいて、ふと見上げるとイケメンが映っていました。

そういえば、カストラップ空港では上手くWi-Fiが繋げませんでした。サインインページに入ると画面が上手く表示されず、操作ができなかったので諦めました。

 

搭乗時刻になったらゲートに入ってバスに乗って飛行機まで移動。

f:id:t083065:20160709160427j:plain

f:id:t083065:20160709161051j:plain

行きの日本ーヘルシンキ行の飛行機と比べるとかなり小さい機材です。搭乗し、出発。まだ朝8時ですw

3人席の真ん中でしたが、隣の通路側が空いていたので快適です。コペンハーゲンからベルゲン移動だからなのか、機内は外国人ばかりでした。

f:id:t083065:20160709160920j:plain

f:id:t083065:20160709161242j:plain

約1時間半のフライトでベルゲンに到着。

期待していなかったスーツケースも無事に到着していましたw喉がカラカラだったので、空港内のセブンイレブンで水購入。日本円で300円くらいしましたww

 

空港から出るとすぐにベルゲン駅ら辺に行きそうなバスを発見。便は頻繁に出ているようなので少し休憩後、バス停車しているすぐ前にあるチケット券売機に向かう。

 

とりあえず英語に切り替えるが、選択肢がノルウェー語なんですけどww

スマホの辞書を駆使して大人1人を選択し、カードを入れて暗証番号入れたが反応しない。数回試したがダメ

 

バス乗り場にいたおじさんに「PINコード入れたのにチケット出ないの」と言ったら一緒に操作してくれた。だが、PINコードを入れたところで券売機に拒否られるwもう1台の端末でも同じw

 

このVISAカードがいかんのか?と思い、予備のMasterカードでやったらできました!

付き合ってくれたバスのおじ様に感謝✨

 

ノルウェーの現地人も優しそうだ♪と安心してバスに乗りました。Wi-Fi繋がります。降りる所を間違えないようにgoogleマップwithGPSを凝視していましたw

f:id:t083065:20160709162449j:plain

乗ること僅か20分くらいであっけなくベルゲン駅に着いてしまいました。

 

さてまたここからが個人旅行の勝負所、ホステルまでの道のりww

先程になって海外でもGPSが使えることが分かったのでgoogleマップ先生に頼る。ホステルは駅から近いようだ。

f:id:t083065:20160709163906j:plain

駅の北西側に出るとすぐに公園があります。後でここで休もう。

f:id:t083065:20160709163147j:plain

公園のすぐそばにこんな登り坂の道があります。

…って 。゚(゚^∀^゚)゚。ギィャァァァァァー

 

またもやスーツケース引きづり事件。

朝に泣かされた石畳+登り坂とかいう苦行

本当はもう少し小さいスーツケースで来るはずでしたが、持ち主の父に否定というか拒否され、スーツケースごときでとやかく言い放つ父に腹が立ったのでやむを得ず最大級スーツケースで来ました。この坂で出発前の父をガチで恨みましたw

f:id:t083065:20160713213109j:plain

※諸事情により、ホステル名を伏せさせていただきます。

料金:女性4人部屋ドミトリー 1泊320Nkr シーツ代等込

設備:Wi-Fi、ベッド毎にランプ、共同シャワー6台・トイレ2台、キッチン・コミュニティースペース、ドライヤー無料貸出

雰囲気とにかく良し(^^♪

 

ホステルに到着すると日本人らしき男性がレセプションで何か話しています。

どうやら彼も先程着いたようでチェックインまで荷物を預ける模様。

便乗して「私も私も~」とスマホの予約確認画面を見せて、ほぼ言葉を発さずにスーツケースを預けるのに成功w非常に良いタイミングでラッキー♪と思いながらるんるんで街に繰り出しました。

 

土曜の朝だからなのかあまり天気が良くないからなのかベルゲンはとても静かです。朝にコペンハーゲンパーティーピーポーに遭遇していたので、この落ち着き感が心地よいです✨

 

お腹が空いていたのでベルゲン駅にある小さな駅ビル?みたいなところに入りました。バーガーキングあったけど、そこまでがっつりしたいわけじゃないので、スーパーで買ってさっき見つけた公園で食べることにしました。

f:id:t083065:20160709170223j:plain

ココアとサンドイッチで日本円で700円くらいww

多分サンドイッチが600円くらいしました。北欧ってバラ売りのパンでお総菜パン的なのが無いんですよね~。だから甘いパンが嫌なら、仕方なくサンドイッチになるわけです。ココアは子供向けっぽかったですが、案外甘さ控えめで普通においしかったです。

 

「はぁ~今日は朝から疲れたなぁ。」とか思いながらぼーっと道行く親子や家族連れの現地人らしき人々を見たり、鳥にパンちぎってあげてたら、どんどん群がって来たので「外国人にまでたかるな~!」と追い払ったりして遊んでいましたw

 

人によってはこういう様子の私みたいな人を「土曜の朝っぱらから、なんて寂しい人なんだ」とか「言葉通じないから鳥と遊んでるww」とか思うかもしれませんねw

でもこの時、こうやって立ち止まってみるのもありかなと思いました。私にはこういう時間が必要でした。ずっと走り続けている人は素晴らしいです。。

 

そんなことを考えながら居心地が良かったので、そのまましばらくぼけーっとしていたら、1人の現地人らしき男性に声をかけられました。

 

②へ続く

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 北欧旅行へ
にほんブログ村